犬のQ&A

愛犬に飲ませる水はどんなものがいいのか?

投稿日:2018年9月16日 更新日:

 

 

ここ最近ペット用の食べ物は色々なものがあり、新しい商品が出ては消えを繰り返しています。

 

そんな中、あなたは飲み物についてどのような印象をお持ちでしょうか?

 

 

ホームセンターなどのペット商品販売コーナーでは、イヌ用としてペットボトルに詰められた水が並んでいます。犬専用ペットボトル水の棚を観察してみると、それなりに売れている様子でした。

 

ただし、その商品がイヌにとって必ずしも良いものとは限りません。

今回はイヌ用の水をテーマに、その実態と注意点についてまとめました。

 

 

説明書きを鵜吞みにしてはいけない!

犬用の水に書かれているペットボトルの説明書きを読むと、もっともらしい解説とともに効果効能がうたわれています。

しかし、中には現代の科学で説明ができないような怪しい内容であることも多いという印象をうけました。さらに、アセスルファムK など人工の甘味料が入っていたりして愛犬の体の事を考えるうえでプラスになる飲み物とは考えられないものもありました。

イヌやペット用の商品だけに限らず他の商品にもいえますが、エセ科学によって素人を欺いて手玉に取る商品はとても多いのが実態です。

 

犬に合わない水はトラブルを引き起こすことも

愛する愛犬のためにより健康的なものを!という考え方は素晴らしいと思いますが、注意が必要です。

以前、知り合いの愛犬がこの類の水を飲みつづけた結果、肝臓を壊してしまいました。

最初、飼い主は原因がわからず落ち込み、軽いパニック状態でした。

 

本人曰く、愛犬の食事には気を使い特におかしなものを与えているわけではなく、原因のあたりがつくまでに時間がかかったとのことでした。詳しく原因になりそうなことを洗い出していくうちに、犬用の水が怪しいと気がついたのです。

そしてその水を飲ませるのをやめてから、改善しなかった肝臓の値が下がっていったのです。

 

こういった水の類がすべての犬のトラブル源になるとは断定できませんが、偶然このようなケースになることがあり得るのです。

 

水道水は?

基本的に犬用の水は、普通の水道水で問題ありません。ですので、わざわざペット用として高額でリスキーな水を買う必要はないと思います。

それでも水道水はあげたくないのであれば、近所のスーパーやディスカウントストアなどで人間用の天然水をあたえれば十分です。

ただし、これらの水も容器に詰められてからかなり時間が経っていますので、その点は知っておいて損はないでしょう。

さらにこだわるのであれば、人用のウォーターサーバーを犬の飲み水に使うのもオススメです。

 

 

 

無添加ドッグフードおすすめランキング

無添加ドッグフードおすすめランキング

 

第1位 モグワンドッグフード
★★★★★

《 商品レビュー 》

手作りフードをコンセプトにした新感覚ドッグフード

●とにかく贅沢に、ワンちゃんの幸せと健康に着目した、至高のドッグフード!

●最高品質のチキンとサーモンをふんだんに使った、美味しさNO.1フード

●保存料は天然ハーブのみ
安心・安全な無添加ドッグフード

●犬が消化できない「穀物」を一切つかわない、グレインフリー

●サツマイモ配合で腹持がよく、ダイエットにも最適です!!

●公式サイトなら、最大で20%の値引きあり。
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

さらに今なら、
100円(送料込み)で、お試し可能です。

キャンペーンが終わる前に
手にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

第2位 ファインペッツ・極
★★★★★

 

《 商品レビュー 》

●ファインペッツをリファインした最新のドッグフード!

●お試し品の価格とボリュームはコスパ抜群

●全犬種、幼犬から犬からシニアまで、安心して与えられます

●フランス産の高品質アヒル肉と、オランダ産の天然ニシンをふんだんに使用

全体の「9割」まで肉類原材料で、食いつきと消化が最高です!

●犬が消化しづらい「穀物」を一切使わない、グレインフリー
アレルギー持ちのワンちゃんに圧倒的にオススメ!

●今ならお試し価格:1.5kg ⇒ 1,080円!!

 

 

 

 

第3位 カナガンドッグフード
★★★★


《 商品レビュー 》

●保存料は天然ハーブのみ使用。ワンちゃんの健康をしっかりサポート

●こだわり抜いた良質な鹿肉、鶏肉、サーモンを使用。高たんぱく質なドッグフード

●鹿肉使用でダイエットには特におすすめ!!

●全犬種に対応していて安心・安全

●無添加でヒューマングレードのプレミアムドッグフードを試してみたい方にオススメ

 

 

-犬のQ&A

Copyright© そこが知りたい!犬との生活 , 2019 AllRights Reserved.