便秘 犬のQ&A

愛犬の便秘、3日以上続いていませんか? 実は恐ろしい原因が…その解決法とは!

投稿日:2018年9月18日 更新日:

 

 

うちの愛犬が最近ずっと便秘で…

 

便秘解消のサプリをあげても、ワンちゃん用ミルクをあげても

一時的に解決するだけで、あげなくなったらまたすぐに便秘になります。

 

どうしたらいいですか?

 

ここ最近うんちが硬いと思い、エサを増やしたら、

少しですが、改善されたと思い

記載されている量よりエサを多めに与え続けていたら…

 

なんと、太ってしまいました(悲)

 

このままじゃ健康にも悪いし、ダメだ!と思い、

記載されている量を与えるようになったのですが、

また便秘に悩まされています。どうしたら改善しますか?

 

 

私は、こういった便秘に関しての質問を、よく耳にします。

 

きっと便秘に悩まされている愛犬は少なくないでしょう。

 

実は私の大切な愛犬も慢性的な便秘に悩まされていました。

何を試してもダメで、治った!と思ったら一時的な物だったり…。

 

もう、どうしよう(泣)と嘆いていた時もありました。

.

でも今からお伝えする事実を知り、すぐに改善法を試してみると、

今までの悩みが嘘みたいにあっけなく解決しました(笑)

 

 

犬の便秘には様々な原因があります。まず原因を見つけましょう。

 

うんちはワンちゃんが今の健康状態をわかりやすく簡単に教えてくれる手段です!

 

三日もうんちを見ていなければ、又はうんちが硬ければ

あなたの愛犬は立派な便秘なのです!

 

そしてその悩まされている便秘の原因は、実は

今与え続けているドックフードかもしれません!

 

そのドックフードが原因の便秘は実は恐ろしい事実が隠されているのです。

 

その理由を詳しく解説し、対処法もお伝えします!

愛犬の便秘にお悩みであれば、役に立つ内容です。

 

 

①添加物による腸内での悪玉菌の増加

 

私たちの体にも、動物の体にも、善玉菌悪玉菌という菌が

存在します。

 

善玉菌とは、免疫力を上げる働きを持っていて、

腸の動きを活発にしてくれる大切な菌です!

 

それに対して、悪玉菌は増加すると、下痢や便秘だけじゃなく、

その症状を放置しておくと、大腸炎アレルギー疾患ガンなどの恐ろしい病気に

かかる可能性が高くなります。

 

病気になってしまってから気づくのでは、遅いのです。

 

そして今からお伝えすることは、

善玉菌を減らし、悪玉菌を増やすという恐ろしい働きがあります。

 

ドックフードの中には、添加物という物質が入っているものが

ほどんどです。使用していないドックフードは数少ないのです。

その添加物の中には

動物性油脂

植物性油脂

BHT(酸化防止剤)

 

といった、危険な材料が入っているものがほとんどです。

この中の動物性油脂は特に危険です。

 

 

では、それらはどれくらい危険なのか…?

この事実を知ってから怖くなり、私はすぐに改善方法を探しました。

 

この世の中には、病気た事故などで無くなった動物たちが沢山います。

その亡くなった動物たちは、廃肉処理(レンタリング)をされます。

 

この廃肉処理の過程で、すでに酸化していたり腐っていたりする可能性が

高いので、大量の添加物保存料着色料が使用されています。

 

ここで使用される添加物は、原材料には記載されていません。

 

そしてこの色々な工程でできるものが、肉骨粉というものです。

 

実は、動物性油脂は肉骨粉からできた油なのです。

 

この肉骨粉は狂牛病の問題で、本来使用できない物なのですが、

肥料・ペットフード用として使用するに限りこれが使用できるそうなのです。

 

そして、動物性油脂はとても酸化しやすいので

BHAやBTAといった酸化防止剤が使われています。

 

そしてBHAは、本来ガソリン用の酸化防止剤として使われていたものだそうです。

この体には決して良くない要素が沢山入っている動物性油脂は

潜在的に消化が困難な物なので、

便秘だけではなく、発がん性物質もあり、アレルギーにもなりやすくなります。

 

 

2.穀物(植物性たんぱく質)による消化不良

国産で格安なドックフードの中には、穀物が沢山入っています。

たとえば、トウモロコシや大豆、小麦などです。

 

ワンちゃんには、この穀物を消化できる機能が備わっていません。

穀物による栄養も多少は必要なのですが

沢山摂取すると消化できず、体内にとどまってしまい、腐敗して悪玉菌の

温床になってしまいます。

 

では、何故あまり必要のない栄養素、穀物が大量に入れられているのでしょう?

 

それは、コスト削減を目的とした、かさ増しの為です。

 

 

3.ビートパルプ

 

このビートパルプも穀物と同様かさ増しができるため

使用されています。

 

このビートパルプは本来ワンちゃんには必要のない栄養素です。

でも、このビートパルプ自体は与えても体に悪いわけではありません。

 

では何故、ワンちゃんの健康に悪影響を及ぼすのか…?

 

ビートパルプとは、サトウダイコンという砂糖の原材料で、そのサトウダイコンから

搾り取られた後に残った物をビートパルプと言います。

 

この砂糖を絞り出す際に、圧力をかけて搾り取るより、

薬品で搾り取った方が、手間もかからず効果的という理由で、

硫酸系の薬品を使用することがあるそうです。

この搾り取るときに使用された薬品が、ビートパルプに残っていると

ワンちゃんの健康を害する可能性が大いにあります。

 

そして、ビートパルプにはうんちを固めてしまう性質があり

体の中でうんちを固めてしまうので便秘になりやすくなります。

 

これらの物質が入ったドックフードを手に取らないようには

どうすればいいのか…

 

私も実行した対処法をお伝えします。

 

 

 

愛犬の便秘が3日以上つづいている場合の対処法

 

あなたの愛犬が便秘気味で上記に当てはまっているなら

ドックフードを変えてください!

 

その、ドックフードを選ぶ際に大切なポイントは3つのみ!

  • お肉メインの物
  • 無添加の物
  • ビートパルプなしの物

 

ではどんなドックフードを選べばいいのでしょう?

 

 

私の愛犬に実際に与えて、あっけなく便秘が改善された

 

おすすめのドックフードは

 

「モグワンドックフード」

 

まず、商品が届いてけてみると、凄くいい匂いがして

食べたくなりました(笑)

 

そして今までと違う食いつきようです!

とてもおいしそうに食べてくれました!

そして、肝心の便秘もすぐ改善され、ついでに毛質も綺麗になってます!

 

ここで、モグワンドックフードの特徴をご紹介!

  1. 良質な油がとれます
  2. 穀物は一切不使用
  3. お肉メインのドックフード
  4. 着色料・香料・ビートパルプ一切不使用
  5. 人口添加物一切不使用
  6. 保存料は安心の天然ハーブを使用
  7. 獣医推薦のドックフード

 

そして、人間も食べれる程の高品質な食材を使用しています!

 

グルコサミンコンドロイチンも入っているので

関節の病気の予防にもなりますよ!

 

いまなら、お試しキャンペーン中なので、是非試してみて下さい↓

 

 

 

無添加ドッグフードおすすめランキング

無添加ドッグフードおすすめランキング

 

第1位 モグワンドッグフード
★★★★★

《 商品レビュー 》

手作りフードをコンセプトにした新感覚ドッグフード

●とにかく贅沢に、ワンちゃんの幸せと健康に着目した、至高のドッグフード!

●最高品質のチキンとサーモンをふんだんに使った、美味しさNO.1フード

●保存料は天然ハーブのみ
安心・安全な無添加ドッグフード

●犬が消化できない「穀物」を一切つかわない、グレインフリー

●サツマイモ配合で腹持がよく、ダイエットにも最適です!!

●公式サイトなら、最大で20%の値引きあり。
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

さらに今なら、
100円(送料込み)で、お試し可能です。

キャンペーンが終わる前に
手にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

第2位 ファインペッツ・極
★★★★★

 

《 商品レビュー 》

●ファインペッツをリファインした最新のドッグフード!

●お試し品の価格とボリュームはコスパ抜群

●全犬種、幼犬から犬からシニアまで、安心して与えられます

●フランス産の高品質アヒル肉と、オランダ産の天然ニシンをふんだんに使用

全体の「9割」まで肉類原材料で、食いつきと消化が最高です!

●犬が消化しづらい「穀物」を一切使わない、グレインフリー
アレルギー持ちのワンちゃんに圧倒的にオススメ!

●今ならお試し価格:1.5kg ⇒ 1,080円!!

 

 

 

 

第3位 カナガンドッグフード
★★★★


《 商品レビュー 》

●保存料は天然ハーブのみ使用。ワンちゃんの健康をしっかりサポート

●こだわり抜いた良質な鹿肉、鶏肉、サーモンを使用。高たんぱく質なドッグフード

●鹿肉使用でダイエットには特におすすめ!!

●全犬種に対応していて安心・安全

●無添加でヒューマングレードのプレミアムドッグフードを試してみたい方にオススメ

 

 

-便秘, 犬のQ&A

Copyright© そこが知りたい!犬との生活 , 2019 AllRights Reserved.