その他 去勢 犬のQ&A

犬の去勢後に後悔しないで!凶暴化?吠える?手術は痛いの?去勢リスクとは…

投稿日:2018年9月15日 更新日:

 

犬の去勢手術って痛いのかしら? 

手術をすることでリスクはあるの? 

 

犬を飼うと最初に悩む、犬の去勢や避妊。 

正直なところ、病気でもないのに手術をするのには抵抗がありますよね。 

私もオス犬を飼い始めのころは手術をするかどうかで悩みました。 

 

去勢手術をすることでよく言われているのが、オス犬だとおとなしくなるということ。 

凶暴化や無駄吠え防止などに効果があると思い、我が家の犬も去勢しました。 

住宅地で飼っているとご近所さんに迷惑がかかるかもしれないので特に気になることです。 

 

しかし結局のところ、どちらが良かったのかは今でもわかりません。 

だからこそ飼い主さんには、なぜ去勢手術をするのか目的をしっかり把握して頂きたいと思います。 

そのために、去勢手術のメリットとデメリットを理解しましょう! 

 

 

犬は去勢後にどうなるの?凶暴性と吠えは治まる? 

 

まず飼い犬に去勢手術をするメリットからお話ししたいと思います。 

 

①生殖器疾患の軽減 

早い時期に去勢を行うと、前立腺肥大や精巣腫瘍などオス特有の病気の予防になります。 

 

②攻撃性・縄張り意識が薄まる 

オス犬は特に、テリトリー意識が高い動物です。 

去勢手術を行うと、足をあげてのマーキングや縄張りを守るための攻撃行動、恐怖からくるかみつきが落ち着くと言われています。 

 

③性的ストレスの軽減 

オス犬は、発情しているメス犬がいることで発情します。 

発情しているメスが近くにいるのに交尾できないとストレスになりますが、去勢手術を行うとこのストレスがなくなります。 

またストレス軽減から寿命が長くなるとも言われています。 

 

この3点が主にメリットとして挙げられますが、一番のメリットは攻撃性が落ち着くところにあります。 

ただし、あまりにも幼い時期に去勢手術を行うと、オスの性ホルモンが減少するために臆病になり自分を守るためにかえって攻撃性が出てしまうという例もあります。 

また、元の性格からくる攻撃性の場合は、手術を行ったとしても落ち着くとは限りません。 

 

次に、去勢手術を行うことのデメリットをお話ししたいと思います。 

 

 

犬の去勢後に後悔しないために…手術のリスクとデメリット 

 

  • 手術の際の麻酔のリスク

去勢手術の際は、全身麻酔を行います。 

この際、犬のもともとの体調や健康状態によってはそのまま目覚めることがなく亡くなってしまうケースがまれにあります。 

 

  • 手術のための費用

病院によって費用は違いますが15,000~30,000円が目安です。 

自治体によっては補助金がでる場合もあるので、事前に各自治体や動物病院に問い合わせて確認しましょう。 

 

  • 肥満症になりやすくなる

去勢手術を行う大きなデメリットは、太りやすくなるということ。 

繁殖活動に消費していたエネルギーがなくなるためです。 

そのために去勢手術後は、愛犬の体重管理が欠かせなくなります。 

毎日の散歩はもちろん、フード選びも重要になってきます。 

 

去勢手術を行うためのメリットと照らし合わせて、手術をするかしないかは飼い主さんの判断になります。 

リスクもあるため、愛犬にとってベストだと思われる方法をよく考えてください。 

 

 

犬の去勢後に飼い主さんができることとは? 

 

デメリットでお話しした通り、去勢後の犬は太りやすくなります。 

手術をすることのデメリットはいくつかありますが、体重管理でしたら飼い主さんお一人の力で解決できるでことでしょう。 

そこで重要なのが、フードの選び方。 

 

今すぐお手元のフードのパッケージを確認してください。 

原材料のところに、「穀類」が書かれていませんか? 

 

実は、本来肉食動物の犬は穀類の消化が苦手な動物です。 

それでも小麦やトウモロコシがドッグフードに含まれているのは、比較的安価で大量に手に入るために、フードの水増しに使われているからです。 

もちろん人間と同じように、犬にとっても炭水化物はエネルギー源となります。 

しかしそれはある程度までで、必要以上に摂ってしまうと肥満の原因となってしまいます。 

 

ですから、去勢後の肥満が気になるわんちゃんには、穀類不使用で良質の動物性たんぱく質がふんだんに使われているフードに切り替えましょう。 

愛犬の体重管理も飼い主さんの重要な仕事です。 

 

ちなみに私は「モグワンドッグフード」を選びました。 

なぜなら、肥満対策に以下の3つのポイントが挙げられるからです。 

 

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • お肉がメイン
  • サツマイモが含まれている

 

モグワンドッグフードはこの3つのポイントを全て満たしています。 

サツマイモはエネルギーになるだけでなく、腹持ちがいいのでおやつなど余計な食べ物を欲しがって無駄吠えすることがありません。 

また動物の肉には鶏肉のほかに、太りにくいサーモンの肉が使われています。 

去勢後の犬が健康に過ごすには、フード選びが重要なカギとなってくるのです! 

 

 

無添加ドッグフードおすすめランキング

無添加ドッグフードおすすめランキング

 

第1位 モグワンドッグフード
★★★★★

《 商品レビュー 》

手作りフードをコンセプトにした新感覚ドッグフード

●とにかく贅沢に、ワンちゃんの幸せと健康に着目した、至高のドッグフード!

●最高品質のチキンとサーモンをふんだんに使った、美味しさNO.1フード

●保存料は天然ハーブのみ
安心・安全な無添加ドッグフード

●犬が消化できない「穀物」を一切つかわない、グレインフリー

●サツマイモ配合で腹持がよく、ダイエットにも最適です!!

●公式サイトなら、最大で20%の値引きあり。
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

さらに今なら、
100円(送料込み)で、お試し可能です。

キャンペーンが終わる前に
手にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

第2位 ファインペッツ・極
★★★★★

 

《 商品レビュー 》

●ファインペッツをリファインした最新のドッグフード!

●お試し品の価格とボリュームはコスパ抜群

●全犬種、幼犬から犬からシニアまで、安心して与えられます

●フランス産の高品質アヒル肉と、オランダ産の天然ニシンをふんだんに使用

全体の「9割」まで肉類原材料で、食いつきと消化が最高です!

●犬が消化しづらい「穀物」を一切使わない、グレインフリー
アレルギー持ちのワンちゃんに圧倒的にオススメ!

●今ならお試し価格:1.5kg ⇒ 1,080円!!

 

 

 

 

第3位 カナガンドッグフード
★★★★


《 商品レビュー 》

●保存料は天然ハーブのみ使用。ワンちゃんの健康をしっかりサポート

●こだわり抜いた良質な鹿肉、鶏肉、サーモンを使用。高たんぱく質なドッグフード

●鹿肉使用でダイエットには特におすすめ!!

●全犬種に対応していて安心・安全

●無添加でヒューマングレードのプレミアムドッグフードを試してみたい方にオススメ

 

 

-その他, 去勢, 犬のQ&A

Copyright© そこが知りたい!犬との生活 , 2018 AllRights Reserved.