無駄吠え 犬のQ&A モグワンの特徴

犬の無駄吠えにモグワンは効く? 吠える理由は反抗期やボケ?? 原因とさまざまな対処法を解説します。

投稿日:2018年9月15日 更新日:

犬の無駄吠えにモグワンが効くらしい。
そう聞いたけど本当かな??

 

犬は群れでの生活で、コミュニケーションの手段として吠えます。

ですから、吠えるということは犬にとっては決して無駄に吠えているわけではありません。

しかし愛犬が吠え続けると近所迷惑ですし、思わぬトラブルを招いてしまう心配がありますよね。

愛犬の無駄吠えで悩んでおられる飼い主さんは少なくありません。

 

では、モグワンは無駄吠えに効くのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、

モグワンは犬の無駄吠えに効く可能性ありです。

 

ただし、絶対に無駄吠えに効果があるとも言い切れません。

 

 

一般的に犬の鳴き声は、高い声のときには友好的、低いときには警戒や不安などを表しているといわれています。

 

吠えているときの状況や鳴き声の調子で愛犬の気持ちを知り、それに見合った対処をしていきましょう。

 

 

モグワンを試す前に、愛犬が吠える原因!どんな気持ちなの?

 

飼い犬が吠える原因は次の8パターンが考えられます。

 

●縄張り意識

●恐怖

●興奮

●不安

●要求

●退屈ストレス

●認知症

●遠吠え

 

犬はオオカミのころから群れで暮らしてきたので、群れのメンバーや縄張りを守ろうとする意識が強く、ご家庭でペットとして飼われるようになってもその名残で吠えてしまいます。

 

今回はこの中でも飼い主さんのよくある悩みの中から、モグワン以外で具体的な対処法をご紹介したいと思います。

 

 

まずはここから。モグワン以外で愛犬の無駄吠えに有効な対処法

まず前提として、犬が吠えやまないからといって、怒鳴ったり叱り続けるのは禁物です。

犬は飼い主さんの言葉の内容ではなく、声のトーンで物事を判断しています。

 

ですから、吠えたときに大きな声、高い調子で叱ると、犬は『飼い主さんも同調してくれている』と考えてしまい、余計に鳴きやまないことになります。

 

それでは具体的な対処法をご紹介します。

 

散歩中に人や他の犬、動物に吠える

散歩中に出会う人や他のワンちゃん、野良猫や鳥に低いうなり声をあげるのは見知らぬものに対する恐怖心から警戒しているのです。

 

散歩中の無駄吠えに一番簡単な対処法は、その恐怖の対象をとりのぞくということ。

人通りの少ない時間帯に散歩の時間をずらしたり、他のワンちゃんに会わない散歩コースに変えましょう。

 

それが難しければ、すれ違う人におやつを渡し、その人から犬におやつをあげてくれるように頼むのもありです。

『家族以外の人でも怖くない!会うといいことがある!』と思いこませるのです。

ワン友さんや近所の人なら頼みやすいですね。

 

また、誰かとすれ違ったり他の動物と遭遇したときに犬におやつをあげ、犬の集中をおやつに向けたところでやり過ごす方法もあります。

他には、他の人や動物とすれ違う際に飼い主さんとアイコンタクトをとったり、飼い主さんが他の人や動物との間に入って視界を遮ったりすることで対象を見えにくくする方法も試してみてください。

 

自宅のチャイムがなったとき、来客があったときに吠える

ご自宅のチャイムが鳴ったり来客があると、愛犬が「ワンワン!」「ギャンギャン!」など連続して大きな声をだして警戒することがありますよね。

これらは縄張り意識の強い犬にとって、自然な行動なのです。

 

とはいえ、来客のたびに吠えていてはお客さんに失礼に当たりますし、思わぬ事故を招いてしまうかもしれません。

ですから、『お客さんはテリトリーを脅かす敵じゃないんだよ』ということを教えていきましょう。

 

ケース①愛犬が子犬の場合

犬が子犬のころであれば、家族以外の人自体に慣れていないので警戒して吠えてしまいます。

来客時の吠えが癖になる前に、お友達に自宅に来てもらうなどできるだけ多くの人と接する機会を設けましょう。

またその際は、お友達からおやつをあげてもらったり遊んでもらったり、来客時にはいいことがあると分からせましょう。

 

ケース②縄張り意識から吠える

成犬になってからも吠える場合は根気が必要ですが、直すことはできます。

 

縄張り意識から吠える場合は、飼い主さんとの主従関係がうまくいっていないのかもしれません。

つまり、犬は自分がリーダーだと思い、縄張りや家族を守ろうとしているのです。

 

1 チャイムが鳴ったらおやつを見せながら「ふせ」を命じる

2 それでも吠えそうになったら「まて」で落ち着かせる

3 静かになったらおやつを与える

 

この方法は「おすわり」や「ふせ」などのコマンドを覚えたワンちゃんには有効です。

成功させるポイントは、コマンド以外の言葉をかけないことです。

また冷静な口調でコマンドを出しましょう。

大きな声や動きを使うと、飼い主さんが応戦してくれていると思ってしまいます。

 

他には、来客があるたびにドライフードを床にばらまき、食べている間に来客の対応をする方法があります。

この方法では、「来客=いいことがある」と学習し、人に対する警戒心も薄れていきます。

 

ケース③チャイムの音に過剰に反応する

チャイムの音そのものに反応している場合は、チャイムの音が鳴らないように設定したり、音を変更するもの有効です。

 

もし変更ができなければ、チャイムの音に鈍感にさせることも試してみてください。

チャイムを録音し、遊んでいるときやリラックスしているときに音量を小さくして何度も聞かせます。

そこから徐々に音量を上げていき、10日程かけて慣らしていきましょう。

 

 

家族が触ろうとしたときに吠える

飼い主さんやその家族が犬に触れようとしたときに「ウウウ~」「ガルルルル」とうなり声をあげるケースは、どう対処したらよいのでしょう。

 

もしかしたら飼い主さんも気づかないうちに、お手入れなどで嫌な思いをさせてしまったのかもしれませんね。

そうだとすると、まずは飼い主さんの手に慣れさせることから始めましょう。

 

ジャーキーなど、食べるのに時間のかかるおやつを片方の手に載せ、ワンちゃんが食べ始めたらもう片方の手で犬の体を優しくなでます。

顔や足先、お尻は犬が苦手なポイントなので避けましょう。

このときに焦って大きな声で名前を呼んだり、無理やりおやつを食べるように仕向けてはいけません。

 

撫でる範囲や回数を徐々に増やし、時間をかけて慣らしていくことがポイントです。

 

ちなみに今までは大丈夫だったのに、急に吠えるようになった場合は何かけがをしているか病気の可能性があるので注意が必要です。

 

 

飼い主に何かをしてほしくて吠える(要求吠え)

『おやつがほしい!』『だっこして』『お散歩に連れていって!』など、飼い主さんに何かしらの要求があって「ワンワン」と高い声で吠えているというケース。

 

このような要求吠えの対処法は、徹底的に無視することです。

 

飼い犬が吠えたときに要求にこたえてしまうと、ワンちゃんの中で「吠える=自分のいうことを聞いてくれる」と学習してしまいます。

そして何かしてほしいことがあるたびに吠えてしまい、満たされるまで鳴き続けるという結果になりかねません。

 

ですから何か要求があって吠えているときは、飼い主さんは声を出したり何か行動したりせずに無視をし、落ち着くまでじっと待ちましょう。

落ち着いたところで、おやつをあげたり散歩に連れていくなどご褒美を与えます。

すると犬は、『静かにしていたほうが、いいことがあるぞ!』と学習してくれます。

 

クレートから出たくて吠える

クレートの中に入れると、「クンクン」「キュンキュン」など甲高い、子犬のような声で鳴くことはありませんか。

 

犬の祖先は、狭くて暗い穴ぐらを住処としていました。

ですから本来犬は、クレートの中のように狭くて暗いところでは落ち着くのです。

 

それでもクレートの中で吠えるということは、外に出してほしい、かまってほしいというサインなのです。

 

先ほどの要求吠えと同じで、様子を見に行ったり、声をかけることのないよう、落ち着くまで無視を続けましょう。

クレートに入れた際にタオルなどで目隠しをすると、外の様子が見えないためにに落ち着きやすくなります。

 

掃除機が怖くて吠える

大きな音をたてて動き回る掃除機は、犬にとっては恐怖の対象そのもの。

でも掃除のたびに吠えられては、飼い主さんも困りますよね。

掃除をかける際は別室に犬を移動させるという手もありますが、ご家庭によっては難しいかもしれません。

 

そこで、掃除機は怖いものじゃないよと教えることが必要になります。

 

1 最初は掃除機の存在そのものに慣れさせましょう。

掃除機のスイッチを切った状態で犬のそばに置き、おやつを与えます。

 

2 次にスイッチを切った状態で掃除機をかける動きをします。

同時におやつをあげ、掃除機の動きに慣れさせましょう。

 

3 動きに慣れたら、掃除機を置いた状態でスイッチを入れ、音に慣れさせます。

このときもおやつをあげることで、注意をそらします。

 

4 最後に掃除機のスイッチを入れて、実際に掃除を行いつつ片手でおやつをあげます。

犬が怖がらなくなったら、掃除機に慣れた合図です!

 

警戒心がなくなるまで時間はかかりますが、徐々に慣らしていきましょう。

 

 

テンションが上がって吠える

飼い主さんが帰宅したときや散歩に行くときなどは、テンションが上がって興奮のあまり「キャンキャン」と甲高い声で吠えてしまうことがあります。

 

このような場合は、飼い主さんも同じように高い調子で声をかけては逆効果になってしまいます。

ケース①散歩に行くときに吠える

リードを見ると散歩に行けると思って嬉しさのあまり吠えてしまう。

このような場合は、リードをさりげなくつけるのがポイントです。

 

おやつで玄関まで愛犬を誘導し、おやつに夢中になっているあいだにサッとリードをつけてしまいましょう。

 

また、散歩の用意に手間取ってしまうとますます興奮して吠え続けてしまうこともありますよね。

リードなどのお散歩グッズは玄関のすぐに取れる場所に置き、散歩に行くと決めてから短時間で出られるようにしておくことが大切です。

 

ケース②飼い主さんの帰宅時

帰宅した際に、愛犬が嬉しそうにしていたらこちらもついついテンションが上がっちゃいますよね。

でも飼い主さんが興奮した調子で話しかけると、余計にエスカレートしてしまいます。

かといって無視をするのは不安をあおることになり、愛犬にとっては余計に気をひきたくて鳴き続けることも。

 

帰宅時は落ち着いた調子で「ただいま」と声をかけ、愛犬の興奮がおさまるまで静かに待ちましょう。

 

留守番のときに吠える

飼い主さんがいなくて寂しかったり、退屈が原因で吠えることもあります。

飼い主さんの知らぬ間に近所迷惑になりますし、ワンちゃん自身もストレスがかかってしまいますので、辞めさせたいですよね。

 

ご自宅が無人になるときには、長時間遊べるおもちゃを用意します。

コングなどの、中におやつを入れて時間をかけて出して食べられるようになっているおもちゃがベストです。

 

ワンちゃんの注意を飼い主さんからおもちゃやおやつに向けられるうえに、夢中になっているうちに時間が過ぎていくので留守番時には試してみましょう。

 

退屈がストレスになり吠える

犬はなんでもないときでも吠えてしまうことがあります。

そのようなケースでは、退屈からストレスが溜まっているのかもしれません。

お散歩は十分足りているか、普段からコミュニケーションをとっているか振り返ってみてください。

 

痴呆や体の不調から吠える

老犬の場合は、痴呆や脳神経系の病気で夜に吠え続けることがあります。

また排尿排便が上手くいかないために鳴いてしまいことも。

その場合は獣医さんに相談して、ワンちゃんがゆっくり休める環境を整えましょう。

 

また、高齢になると体が自由に動かせなくなったり、目が見えにくくなったりするために不安から鳴くことがあります。

その場合は、飼い主さんが寄り添って体をなでるなどして安心させてあげることが大事です。

 

 

吠えやすい犬種

チワワやポメラニアンは小型犬ですが、怖がりがゆえに吠えてしまうところがあります。

また、もとも狩猟犬だったダックスフンドやテリア系は吠えることが仕事だったため吠えやすい犬種と言われています。

 

とはいえ、個体差もありますし、この犬種だから吠えると決めつけてはいけません。

もし吠える癖がついてしまったら、そこは飼い主さんの責任です。

愛犬のために根気よくしつけを続けましょう。

 

 

まずは試してみたい!無駄吠え対策グッズ

次に、無駄吠えをやめさせるためのグッズをご紹介します。

これらのグッズは短期的には効果があるので、しつけに上手く取り入れていきましょう。

 

首輪

犬の首輪につけて、吠えたときに振動を与えたり、超音波をだすというグッズです。

こちらは効果がすぐにでるので、手軽に試せるのがメリットです。

 

ただし慣れてしまうと効果がなくなりますし、根本的な解決にはならないので一時的なものとして扱いましょう。

 

木酢液や酢のスプレー

愛犬が吠えた際に、園芸に使う木酢液や食品のお酢を薄めたものをスプレーして、吠えると嫌なにおいをかがされると覚えさせる方法です。

スプレーする際は、犬の顔や体に直接触れるようなことは避け、あくまでにおいをかがせる程度にとどめましょう。

 

 

それでも無駄吠えが治まらないなら、モグワンを試すのもアリ!

犬の無駄吠えは、子犬のころから他の人や動物に慣れさせるなど社会経験を積むなどして警戒心をなくしていくことが大事です。

小さいうちからドッグランに連れていったり、パピー教室に通うことも無駄吠え防止に役立ちますよ。

 

ただし大きくなってからでも、根気よく続けていけば必ず吠え癖は直ります。

大事なのは、ワンちゃんがなにを感じているのか飼い主さんが知ることです。

そして飼い主さんとその家族の協力なしでは成り立ちません。

 

無駄吠えのしつけでやってはいけないのは、罰をあたえたり大きな声で叱ることです。

飼い主さんは常に冷静に対処することを心がけましょう!

今回ご紹介した対処法をぜひとも試してくださいね。

飼い主さんの気持ちはワンちゃんにきっと伝わりますよ。

 

まずは期間限定の100円キャンペーンで
モグワンをお試しください!!

詳細はこちらをクリック↓↓↓


 

 

 

無添加ドッグフードおすすめランキング

無添加ドッグフードおすすめランキング

 

第1位 モグワンドッグフード
★★★★★

《 商品レビュー 》

手作りフードをコンセプトにした新感覚ドッグフード

●とにかく贅沢に、ワンちゃんの幸せと健康に着目した、至高のドッグフード!

●最高品質のチキンとサーモンをふんだんに使った、美味しさNO.1フード

●保存料は天然ハーブのみ
安心・安全な無添加ドッグフード

●犬が消化できない「穀物」を一切つかわない、グレインフリー

●サツマイモ配合で腹持がよく、ダイエットにも最適です!!

●公式サイトなら、最大で20%の値引きあり。
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

さらに今なら、
100円(送料込み)で、お試し可能です。

キャンペーンが終わる前に
手にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

第2位 ファインペッツ・極
★★★★★

 

《 商品レビュー 》

●ファインペッツをリファインした最新のドッグフード!

●お試し品の価格とボリュームはコスパ抜群

●全犬種、幼犬から犬からシニアまで、安心して与えられます

●フランス産の高品質アヒル肉と、オランダ産の天然ニシンをふんだんに使用

全体の「9割」まで肉類原材料で、食いつきと消化が最高です!

●犬が消化しづらい「穀物」を一切使わない、グレインフリー
アレルギー持ちのワンちゃんに圧倒的にオススメ!

●今ならお試し価格:1.5kg ⇒ 1,080円!!

 

 

 

 

第3位 カナガンドッグフード
★★★★


《 商品レビュー 》

●保存料は天然ハーブのみ使用。ワンちゃんの健康をしっかりサポート

●こだわり抜いた良質な鹿肉、鶏肉、サーモンを使用。高たんぱく質なドッグフード

●鹿肉使用でダイエットには特におすすめ!!

●全犬種に対応していて安心・安全

●無添加でヒューマングレードのプレミアムドッグフードを試してみたい方にオススメ

 

 

-無駄吠え, 犬のQ&A, モグワンの特徴

Copyright© そこが知りたい!犬との生活 , 2018 AllRights Reserved.