目のトラブル 犬のQ&A アレルギー 皮膚トラブル

犬の目のふちや周りのできもの、イボが!マイボーム腺腫の場合の対策と予防とは

投稿日:2018年9月16日 更新日:

 

愛犬の目のふちや周りに、できものやイボらしきものが…汗
コレはもしかしてマイボーム腺腫?

 

ワンちゃんの健康について、ふとした変化が気になることがありますよね。 

 

愛犬の目のふちにイボのようなものを見つけたけれど、何の病気なのか分からなくて調べているという方、いるのではないでしょうか? 

 

まぶたにイボができていて動物病院で診てもらうと、マイボーム腺腫だと判断されることがあります。 

 

名前を聞いてなんだか怖そうだと感じてしまうかもしれませんが、きちんと手術をすれば処置できます。 

 

しかし、手術をしてもワンちゃんの体質改善ができてないと再発してしまう可能性があります。 

 

自己免疫力を上げることはマイボーム腺腫の予防にも繋がるので、具大抵な方法を一緒にみていきましょう! 

 

 

犬の目のふち周りにできものが!イボのマイボーム腺腫と何なのか? 

 

マイボーム腺腫って聞いただけでもどんな病気なのか想像しにくいですよね。 

 

マイボーム腺とはまぶたのフチにある細胞の集まりで、目の潤いを保つ働きをします。瞬きの際に目の表面に油分を分泌して潤いをキープするのですが、この油分が出口に詰まってしまうことがあります。 

 

マイボーム腺腫とはつまり、油分が分泌線の出口に詰まりイボのように膨らんだ状態を指しています。人間でいうニキビを想像すると分かりやすいかと思います。 

 

放置しておくとイボのように膨らんでいる部分が繊細な角膜を傷つける恐れがあるため、なるべく早い段階で治療してあげることがベストです。 

 

 

犬の目のふち周りのできもの、マイボーム腺腫の治療は手術?予防はできる? 

 

治療は外科医による切除が基本となってきます。全身麻酔や鎮静をしてマイボーム腺腫を取り除きます。  

 

まぶたにはマイボーム線がほかにもあるので、マイボーム腺腫を取ってしまっても問題ないです。 

 

ただ一つ気をつけたいことは、手術を何回も重ねるとまぶたが小さくなってしまうことです。健康自体に影響はほぼありませんが、ワンちゃんのお顔が変わってしまうことに抵抗がある方はあらかじめ獣医さんに伝えておくといいでしょう。 

 

マイボーム腺腫はニキビと同じような性質を持つため、手術をしても完全に治るわけではありません。 

 

見つけるたびに手術でイボを取り除いたり、投薬やサプリメントで一時的な対策は可能ですが、そうすることでワンちゃんの根本的な体質が変わるわけではないのです。 

 

再発を防止するために何が必要か、それは体質改善による自己免疫力のアップです。 

 

ニキビでも食事や生活習慣の見直しで症状がよくなることがありますよね。マイボーム腺腫にも同じような対策が効果的なんです。 

 

 

犬の目のふちや周りのできもの、マイボーム腺腫の再発を防ぐために必要な生活、食事改善とは 

 

基本的に、ワンちゃんの皮膚系の病気には次のようなことが関係しています。 

 

-ノミ•ダニなどの寄生虫 

-ストレス 

-食物アレルギー 

 

愛犬がストレスを貯めないよう、散歩や運動を積極的にさせてあげましょう。犬は人間よりも敏感なので音や光にも要注意です。また生活スペースを清潔に保ってあげることも大切です。 

 

ストレス解消にくわえて、食事改善もマイボーム腺腫を防ぐ効果があります。 

 

とくに、ドッグフードの質も重要なポイントです。品質の良いドッグフードには、次の3つの条件当てはまります。 

 

-トウモロコシや小麦不使用のグレインフリー 

-チキンミール、ミートミールや動物性油脂が不使用のもの 

-動物の肉がたっぷり使われているもの 

 

お手元にあるドッフフードの材料をチェックしてみてください。上記の条件を満たしているでしょうか? 

 

ワンちゃんはトウモロコシや大豆、小麦などを含む穀物の消化が苦手です。消化不良が腸内環境の悪化や皮膚病の原因になってしまうんです。 

 

そして、チキンミールやミートミールには、動物の骨や脊髄、臓器を粉々に混ぜたものが材料として使われています。何が入っているか分からず、ワンちゃんの健康にもあまりよくありません。動物性油脂についても廃棄脂が使われているため同じことがいえます。 

 

犬はもともと肉食性に近い雑食性の動物なので、お肉がたっぷり入ったものが最適です。 

 

品質の良いドッグフードの例として「モグワンドッグフード」があります。3つの条件をすべて満たしているうえ、保存料には天然ハーブは使われていて安心できます。 

 

 

「愛犬の目のふち、周りのイボ or マイボーム腺腫」まとめ 

 

マイボーム腺腫は手術で除去できますが、毎回病院に通うのは時間、金銭、労力がかかり大変ですよね。 

 

ワンちゃんの体質も関係していて、何度も繰り返しマイボーム腺腫になってしまう子もいます。 

 

ストレスや食物アレルギーは大きな原因となります。規則正しい生活を心がけて、食事にも気をつけてあげることが、ワンちゃんの体質改善にも繋がるはずですよ。 

 

ワンちゃんの自己免疫力を上げるためにも、「モグワンドックフード」で体質改善をおこない、ぜひ効果を実感してみてください。 

無添加ドッグフードおすすめランキング

無添加ドッグフードおすすめランキング

 

第1位 モグワンドッグフード
★★★★★

《 商品レビュー 》

手作りフードをコンセプトにした新感覚ドッグフード

●とにかく贅沢に、ワンちゃんの幸せと健康に着目した、至高のドッグフード!

●最高品質のチキンとサーモンをふんだんに使った、美味しさNO.1フード

●保存料は天然ハーブのみ
安心・安全な無添加ドッグフード

●犬が消化できない「穀物」を一切つかわない、グレインフリー

●サツマイモ配合で腹持がよく、ダイエットにも最適です!!

●公式サイトなら、最大で20%の値引きあり。
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

さらに今なら、
100円(送料込み)で、お試し可能です。

キャンペーンが終わる前に
手にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

第2位 ファインペッツ・極
★★★★★

 

《 商品レビュー 》

●ファインペッツをリファインした最新のドッグフード!

●お試し品の価格とボリュームはコスパ抜群

●全犬種、幼犬から犬からシニアまで、安心して与えられます

●フランス産の高品質アヒル肉と、オランダ産の天然ニシンをふんだんに使用

全体の「9割」まで肉類原材料で、食いつきと消化が最高です!

●犬が消化しづらい「穀物」を一切使わない、グレインフリー
アレルギー持ちのワンちゃんに圧倒的にオススメ!

●今ならお試し価格:1.5kg ⇒ 1,080円!!

 

 

 

 

第3位 カナガンドッグフード
★★★★


《 商品レビュー 》

●保存料は天然ハーブのみ使用。ワンちゃんの健康をしっかりサポート

●こだわり抜いた良質な鹿肉、鶏肉、サーモンを使用。高たんぱく質なドッグフード

●鹿肉使用でダイエットには特におすすめ!!

●全犬種に対応していて安心・安全

●無添加でヒューマングレードのプレミアムドッグフードを試してみたい方にオススメ

 

 

-目のトラブル, 犬のQ&A, アレルギー, 皮膚トラブル

Copyright© そこが知りたい!犬との生活 , 2018 AllRights Reserved.